歌のよこはま物語 

                横浜港開港150周年記念


        著者・富樫 啓 編集・熊澤光政



   2009年で横浜開港150年を迎えます。

著書“歌うよこはま”は30年前に発刊されました。

港よこはまにまつわる
懐かしい歌や湘南、三浦を背景にした、

歌の歴史をつづっています。

今回はそれら数々の懐かしい歌を歌詞と一緒にそのメロディも

皆様にお届け
したいと思い発刊しました。



 目次一覧

 

 文明開化の足音たかく

 

あけぼの染めた血と硝煙「ノーエ節」 

夜明け前後の東海道「お江戸日本橋」 

茶焙じ釜から湧いた哀調「お茶場唄」 

歌舞に託した自由民権運動「オッペケペ−歌」 

ひきあいに出された鎌倉武士「元寇」 

日清日露の谷間のワルツ「港」 

横須賀に眠る明治の栄光「軍艦」

乗車セント欲スル者ハ「鉄道唱歌」 

 

 童謡唱歌の花ひらく

 

帰らぬ12少年呼ぶ浜千鳥「七里ヶ浜の哀歌」 

古都の表情いまむかし「鎌倉」 

雨に託した詩人のなげき「城が島の雨」 

太平洋のかけ橋を渡って「青い眼の人形」 

大桟橋も波間にくずれ「赤い靴」 

 

 平和のかげりを耐えて

 

純愛と死へのあこがれ「天国に結ぶ恋」 

ミズドリの天国はどこに「かもめの水兵さん」 

戦前の横浜エキゾチシズム「別れのブルース」 

“歌のよこはま”の空白 

 

 復興への歩みのなかで

 

メルボルンから東京まで「港が見える丘」 

海外を見つめよう胸をはって「憧れのハワイ航路」 

花売り娘とハマのスカーフ「港ヨコハマ花売り娘」 

この子らに愛のあかしを「歌の町」 

“歌の女王”デビューの頃「悲しき口笛」 

観光地江ノ島の戦後「江ノ島悲歌」 

みのった祈り、戦犯釈放「ああ、モンテンルパの夜は更けて」 

 

 新生神奈川はどこへ

 

カー・ブームさきがけの詩情「夜霧の第二国道」 

海の銀座に灯りをかかげて「喜びも悲しみも幾歳月」 

焼けても欠けても“ザキ”「伊勢佐木町ブルース」 

港ヨコハマの灯はうつろう「ブルーライト・ヨコハマ」 

親子三代にうたい継がれて「横浜市歌」 

 



よこはま150年の歌のルーツです

ゆっくりお楽しみください。




定価 1000円

  

発行者    熊澤光政



たとえ、朝の午前4時であっても注文できます。 配送は自動化されています、以下のオーダーボタンであなたが決済をした後に即座にPDFマニュアルをダウンロードできます、そして、あなたは読みやすくするためにこのE-BOOKを印刷できます。